シルバニアファミリーなどのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆき
2009年12月14日 (月) | 編集 |

今シーズン初、里にも雪が積もりました

車の運転や雪かきはイヤですが、それでもやっぱりなぜかウキウキしてしまう雪です。

年の瀬気分も急に高まりました。




「くらえ?、雪爆弾!」
007-1_20091214185929.jpg

パシャ

「冷てっ」
008-1_20091214185929.jpg


ワンワン寒そう^^;

がんばれワンワン。






スポンサーサイト

シマネコお母さんの思い出
2009年12月13日 (日) | 編集 |

先週末に小物は出来上がって、写真も撮り終えたんですが、その後の記事編集に手こずる手こずる・・・
そんなワケで、クリスマスに向けたお話を作りましたので、よろしければご覧ください^^
つっこみ所満載ですけど、寛大にスルーしていただけますと助かります・・・
あと無駄に長いので、お暇な時の時間つぶしにでも・・・。



--------------------------------------------------------------------


シマネコお母さんがまだ子供だった頃のお話です。


もうすぐクリスマスをむかえるある日。
シマネコさんちの台所からは、リンゴの甘酸っぱいいい匂いがただよっていました。

006-1_20091126000934.jpg

おじいちゃんとおばあちゃんに、たくさんのリンゴと、かわいい孫達へのおばあちゃん手作りのプレゼントをもらったので、そのお礼にアップルパイを焼いているのです。
アップルパイはおじいちゃんもおばあちゃんも大好物です。

子供たちも一生懸命お母さんにお手伝いをしました。
005-1_20091206235401.jpg



「さぁ、もう焼けますよ」
「わぁ?、いい匂い!」
006-1_20091206235401.jpg
「きっとおじいちゃんもおばあちゃんも喜んでくれますよ」
「僕たち頑張ったもんねぇ」



アップルパイはつやつや光って、リンゴとバターの甘いいい匂いがしました。
「おいしそ?う!」
「やったやった?!」
007-1_20091206235401.jpg
「後で一緒に持って行きましょうね」
「はぁい!」


お母さんの出かけるしたくが終わるのを今か今かと待っていた二人でしたが、やがてお母さんは浮かない顔でやって来ました。

011-1_20091206235400.jpg
「たいへん、赤ちゃん少しお熱があるみたいなの」
「えっ?」
「大丈夫?」
「えぇ心配しなくていいわ。でも今日はお外には出かけられないわね」


「おばあちゃんちは?」
014-1.jpg
「お父さんもまだ帰って来ないし、今日は無理ねぇ、せっかくだけど」
「そんなぁ・・・」

二人は心底がっくりしました。
大好きなおじいちゃんとおばあちゃんの喜ぶ顔を思い浮かべながら一生懸命作ったアップルパイを、いち早く届けたかったのです。
もちろん赤ちゃんの事も心配でしたが・・・。


「お母さん、僕届けに行ってくるよ!大丈夫、もう道覚えてるもん!」
016-1.jpg
「私も行くっ!お兄ちゃんと一緒に行くっ!」

「あなた達だけで?」
008-1_20091206235401.jpg
「大丈夫だよ、僕達だけで行ってこれるよ!」
「・・・そうねぇ・・・今から行けば、明るいうちに行って帰ってこれるけど・・・」
「うんっ!行ってくる!おばあちゃんにもらった帽子かぶって行ってもいいでしょう?」
「私もケープ着ていく!」


こうして二人は、おばあちゃんにもらったあったかい帽子とケープを身につけて、アップルパイの入ったバスケットを大事に抱えて、表に出たのでした。


018-1_20091206235459.jpg


「行ってきま?す!」

「行ってらっしゃい。気をつけてね」


---------------------------------------------------------------


外の空気はシンと冷たく、澄み切っていました。
初めてのおつかいにどこか誇らしい気持ちで、二人は意気揚揚と白い道を歩いて行きました。

「ジングルベ?ルジングルベ?ル、すずが?なる?♪」
025-1.jpg
「あの森のわきをずーっと行くと、おじいちゃんちなんだよ」
「おじいちゃんもおばあちゃんもびっくりするかな?!」



森の前にさしかかった時でした。

にわかに、ビュウ、と強い風が吹き、ザワザワ、と木々が揺れました。

026-1.jpg


「あっ!!」
027-1.jpg

お兄ちゃんの帽子が風にさらわれてしまったのです。


「ちょっとそこで待ってて!」
029-1.jpg
大事な帽子を飛ばされては大変、お兄ちゃんは帽子を追って森へかけ出しました。
「あっ、待って、お兄ちゃん!」


「待て?、僕のぼうし?!」
031-1.jpg
「おにいちゃん待って?!」

まるでいたずらするように、風は帽子をあっちへこっちへと転がしました。
帽子を追ってかけて行くお兄ちゃん。
一人取り残されては大変と、それを追いかけるシマネコちゃん。

「つかまえたっ!」
033-1.jpg

どれだけ風に遊ばれたことでしょう。
やっとお兄ちゃんの手が、帽子をしっかりとつかみました。

「危なかった?」

深々とかぶりなおして、ほっと一息ついて。
はたと二人は気がつきました。


「ここ・・・どこかな・・・」
034-1.jpg

気がつけば森の中深く入り込んで、元の道などどこにあったかわかりません。

「・・・・・」
038-1.jpg
「大丈夫、歩いてみよう」


お兄ちゃんは妹の手をとり歩き出しました。


「きっとこっちだよ」
040-1.jpg


「いやこっちかな」
039-1-2.jpg



歩いても歩いても森は深くなるばかり、元来た道をたどろうにも、足跡は風に消されていました。

何十分か何時間かわかりません。
歩き疲れて、ついに二人は立ち止まりました。


「・・・っう・・・ううっ・・・」
043-1.jpg
「な、泣くなよ?。だいじょうぶだよ?」
「うううっ・・・」
「だいじょうぶだってば?・・・」

心細さに泣きだした妹を必死でなだめながら、いつしかお兄ちゃんの目にも、涙がにじんでいました。
(・・・お父さん・・・お母さん・・・)


その時です。


シャンシャンシャンシャン


遠くかすかに、何かの音が聞こえてきました。
それがだんだん、こっちへ近づいてきます。

「?」

二人は音のする空を見上げました。


シャンシャンシャンシャン


それは鈴の音でした。
鈴の音はどんどん近付いてきます。


そして二人は見たのです。


048-2.jpg


赤い帽子に白いおヒゲ、トナカイのひく緑のソリに乗った・・・


「サンタさんっ!?」

063-1.jpg


シャンシャンシャンシャン


049-2.jpg


サンタさんのソリは、白いお空を滑るように進んで行きます。


HOHOHO!
051-2.jpg


二人の前を通り過ぎながら、サンタさんはこちらを見て笑ったように見えました。


シャンシャンシャンシャン


054-6.jpg


「サンタさん待ってください!!」

二人は導かれるように、サンタさんの後を追って夢中でかけ出しました。


「僕たち道に迷ってしまったんです!」


070-1.jpg


「おじいちゃんちに行きたいんです!」


054-7.jpg


「道を教えてくださいっ!!」


054-8.jpg


「サンタさん待って!!」


ドッ、とお兄ちゃんの後ろで、シマネコちゃんが転びました。

「あっ!大丈夫!?」
073-1.jpg

お兄ちゃんは慌てて妹のもとへかけよりました。


シャンシャンシャンシャン

054-9.jpg


鈴の音は小さくなってゆきます。


054-10.jpg

シャンシャンシャンシャン・・・




お兄ちゃんは優しく妹へ手を差し伸べ、助け起こしてあげました。
「大丈夫?」
スカートについた雪を払ってあげます。

シマネコちゃんは、唇をキュッとかんで、立ち上がりました。
(サンタさん行っちゃった・・・お兄ちゃんごめんなさい・・・)


視線を上げたその時でした。


「あっ!!」
082-1.jpg


シマネコちゃんは大きく目を見張りました。
視線の先に、見覚えのあるお家があったのです。


078-1-1-2.jpg


それはおじいちゃんとおばあちゃんのお家でした。
いつもお父さんやお母さんと一緒に来ていた、あったかいお家。

サンタさんを追って無我夢中でかけているうち、いつの間にか二人は、森のはずれまで来ていたのでした。


二人は同時に空を見上げました。
087-1.jpg
白いお空はもうからっぽ、誰もいません。
耳をすましてみても、鈴の音も聞こえません。


「・・・・・」
083-1.jpg
二人はまた同時に顔を見合わせました。


そして・・・


「おじいちゃ?ん!」
「おばあちゃ?ん!」
088-1.jpg

一目散にかけ出したのです。



お家についておじいちゃんとおばあちゃんの優しい顔に迎えられたとたん、二人はその胸に飛び込んで、大声で泣きじゃくりました。
それでも、おばあちゃんがいれてくれたあったかいココアを飲んで、みんなで作ったアップルパイを口に運んだら、すっかり元気になって、自分達の小さな冒険の事を口々に話し出したのです。
おじいちゃんもおばあちゃんも、にこにこ笑いながら聞いていました。


夕方、迎えにきてくれたお父さんと手をつないで帰ると、赤ちゃんもお熱が下がって元気になっていました。
「まぁ、よく二人だけで行ってこれましたね」
お母さんはぎゅっと二人を抱きしめてくれました。
「二人だけじゃないんだよ」
「?」
二人は顔を見合せて笑いました。



それ以来シマネコのお母さんは、クリスマスになるとサンタさんにお祈りをかかしません。

「サンタさん、あの時は助けて下さってありがとうございました。
 どうかお体に気をつけて、今年も世界中の子供たちをお守りください。
 素敵なクリスマスになりますように・・・」


そっと耳をすませると、どこからか鈴の音が聞こえてくるようでした。



シャンシャンシャンシャン

066-1.jpg


HOHOHO! MERRY CHRISTMAS!


059-1.jpg




<おしまい>

----------------------------------------------------------------------



・・・駄文失礼しました。
どこかにこんなお話ありますかね?
その時は、ふじまるの発想力なんて所詮こんな物ね独創力のかけらもないわクスクス、と笑ってやって下さい^^;


あ?、やっとできました
これで何とか新しい年を迎えられそうです。
クリスマスまでまだちょっと時間がありますが、いつまでも胸のつかえがとれないようでなんだったので、できた所でアップしました。

ほんとはこれは11月中に仕上げる予定で、12月にもう一本と考えてたんですが、無謀でしたよ
もう一つの方は、子供たちが大人にサプライズでクリスマスコンサートを開くというものだったんですが、来年やる気があったら、挑戦したいと思います。


自己満足の世界におつきあいいただきありがとうございました。


それではよいクリスマスを






2009年12月11日 (金) | 編集 |

「洗たく洗たく・・・。あ、今日から新しい洗剤か」
007-1_20091211192347.jpg


ぱか
006-1?1


「なにこれめっちゃいいにおい?ん」
008-1?1


「ただいま・・・ってナニヤッテンノ」
012-1?1
「ぐふふん・・・ぐふぐふ・・・たまらん・・・すーはーすーはー・・・」


近頃の洗剤は罪ですね。

(フェロモン出し過ぎ)






ドトール ウィンターフェア
2009年12月03日 (木) | 編集 |

会社にドトールからダイレクトメールが届いていて、気になったのでもらってきました。


(ここにアップして大丈夫なのか・・・?)
001-2.jpg

チェブラーシカのドトールオリジナルグッズを販売中だそうです。
キャラものは大好きなんですが、このチェブラーシカも大好きなキャラの一つです。
ちょうど普段使いのマグカップを探していたので、おおっ、これかわいい!買いに行こうかな、と久々にときめいてしまいました*^^*
私の通勤路沿いに、丁度市内唯一の店舗があるんですよ。
(つーかめっちゃいなかっぺですが・・・市内唯一て・・・) 




中を開くとこんな商品も。
ドトールのクッキーは食べた事がありませんが、パッケージ買いしたくなるかわいさ

友達からもらったら嬉しいかもですね^^




師走
2009年12月03日 (木) | 編集 |
師走になりました。
今年も残すところあと1ヵ月。
1年が経つのははえ?な?。毎年だんだん早くなるな?。

12月は結構好きなんですが(いろいろイベントもありますし)、寒さはいよいよ本格化してきますね。
私の部屋には750円で買った電気ストーブしかなく、とてもじゃないが真冬は長時間いられません。
冬期間はほぼ完全に閉鎖状態となります。
同居人のタバコの煙を避けるため、シルバニアは私の部屋にしか置けないので、ただでさえ少ない遊ぶ機会がさらに減る予感・・・。
クリスマスディスプレイもまだ完成してないのに、泣ける話です。
しかし部屋さむ?。極寒のシベリアなみにさむ?。
最近はいつも居間のコタツで同居人のパソコンを使ってネットしてますが、どうやらブログの存在が薄々バレてきたようで・・・。
たまに同居人に対して毒吐いてるからな?、あまり見られたくないな


坊さんも忙しく走り回るという師走、我が家の坊さん(頭だけ)は、相変わらずの緊張感ゼロでございます。

007-11
人力犬力バナナボートの図




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。